働く主婦-充実life-style

忙しい日々の中で、子育て・仕事を通して人生に思うこと。

母乳育児

乳腺炎で熱がでて断乳を決意した日

投稿日:2013年6月19日

ちょっと疲れがとれないな~とか、なんとなく体がだるいな~と感じる日ありますよね?

 

私も「今日ちょっとがんばりすぎたな~」という日が2日ばかり続いたと思っていたら、

次の日の翌朝、右側の首から肩甲骨あたりにかけての後ろ側が動かない・・・。

 

激痛に見舞われて、病院にいき先生に注射を打ってもらい処置。2回も打ちました。

先生痛くないっていったのうそだね。

 

帰ってきたら、熱っぽいので熱をはかると39℃近い熱!

整形外科の次は、内科へ。

どうやら、過労から乳腺炎になってしまったようです。



乳腺炎の原因はママの疲れ・疲労からおこる場合も

 

39℃近い熱が出るとほんとしんどいですよね。

胸も熱を持ってガチガチだし、肩もパンパンにはっているし、日ごろから自分の体のメンテナンスを行っていない罰があたったような感じでした。

 

先生は、私がしんどそうにしている様子を見て、断乳を進めてきました。

やっとの思いで母乳育児を成功させたので、断乳はまだまだ先だと考えていました。

乳頭が激痛で悩んでいる方の母乳育児対策

 

たかが母乳、されど母乳。

母乳育児への道のりは、なかなか険しかったので思い入れはありました。

 

だけど、先生に抗生物質等の薬を必ず飲むことを言われたので、薬の服用はさけられない。

乳腺炎になってしまったので治さなければいけない。

 

赤ちゃんに薬の副作用はないと言われても心配があったと思う。

 

ちょうどその時期に、また左の乳頭が切れていてなかなか治らない状態が続いていました。

授乳時に乳頭が痛くて出血した時の対処法

 

離乳食も2回食が順調で、息子も毎回間食するほど食欲旺盛、大きく育っていました。

母乳に執着するような感じもなかったです。

 

そんないろんな理由が重なったことを考えて、自分なり断乳という答えを出しました。

少し早かったけど、良かったのかな?とも思ったりしましたが、これがきっかけに。

 

 

 

私にとって母乳育児は、苦痛から始まったチャレンジでしたが、リベンジして母乳育児を成功できたので、この時期を自分で納得しました。

 

ママと赤ちゃんにとって、断乳ってとても大事なことだと思うので、親子それぞれが納得いく形で断乳ができたら最高。

断乳する時期は、ほんとに人それぞれ、自分に合った時期が見つかるといいですね。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





-母乳育児
-

執筆者:

関連記事

no image

母乳がでない、陥没乳頭の場合はどうするのか?

誰でも簡単に母乳が出ると思っていたけど、母乳が出にくいパターンがあります。 私の場合は、両方が陥没乳頭というパターンでした。 母乳が出ないと本気で落ち込んでいるママへ   母乳がスムーズに出 …

no image

授乳時に乳頭が痛くて出血した時の対処法

母乳育児で完母になるまで、さまざまなトラブルを抱えていました。 母乳がでない、陥没乳頭の場合はどうするのか?   母乳育児開始から3か月頃から完母を成功させ、軌道にのっていたのもつかの間、 …

no image

乳頭が激痛で悩んでいる方の母乳育児対策

陥没乳頭の為、最初のうちは母乳をあげるのがとても痛かったです。 母乳がでない、陥没乳頭の場合はどうするのか?   母乳育児をはじめると最初の1,2ヶ月ほどは赤ちゃんに乳頭をすごい勢いで吸われ …

no image

母乳が出ないと本気で落ち込んでいるママへ

20代に第一子、30代に第二子を出産した2児のママのmarioです。   第一子を出産するまでは、母乳なんて簡単に出るもんだと思っていました。 出産したら赤ちゃんにあげる為に当たり前に出てく …

当サイトの掲載情報のご利用に際して、 何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても 当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。