働く主婦-充実life-style

主婦は毎日忙しい。仕事や子育てでばたばたしているけど、人生を充実させて輝かしい40代を過ごそう。

共働き 家事
Photo by 共働き 家事

共働き家計

共働きの家事は分担できると考えない方が楽な理由

共働きで働いているのに「なんで私だけ家事をしないといけないの?」とか、「育児も家事も全部しているから疲れた。」と不満をためて、しんどくなっていませんか?
旦那にも家事を手伝ってほしい、休日は家族サービスしてほしいと思っていませんか?

そんな共働きの家事に関する悩みを解決するには、あなたが変わるしかありません。

家族の中心人物の主婦が、不満を抱えていては、家族が幸せになれないですよね。家族みんなが幸せになれる方法を見つけていきましょう。

共働きで疲れるのを選んでいるのは誰ですか?

働きながら、家事や育児など家のこともして、やることがいっぱいで、時間が無くて、不満を抱えて、毎日イライラして。そんな生活を過ごしていて、幸せでしょうか? 忙しい時期は、季節によってありますが、1年中ずっと忙しかったら、誰だって疲れます。

共働きだと、旦那さんに家事の分担をするのも自然な流れです。だけど、旦那さんは家事をすんなりと受け入れてくれますか?

すんなりと受け入れてくれる旦那さんは、小さいころからそうやって育ってきたんでしょう。でも、受け入れてくれない旦那さんは、受け入れ方を知らないんです。やってこなかったから。

旦那さんが家事をやってくれなかったら、怒ってイライラするか、諦めて自分でこなして疲れるかのどちらか。小さいころから家事をしてこなかった旦那さんに、家事の分担をするよりも、自分でこなした方が効率がよい場合もあります。

旦那さんの家事参加は、諦めつつ、たまに手伝ってくれたらうれしい程度の気持ちの持ちように変えてみてはいかがでしょうか?

それよりも、自分で家事をこなすことでしんどくならない方法、疲れない方法を見つける方がずっと気持ちが楽になります。

どういう方法かというと、具体的には、あなたの仕事の負担を減らすということです。
今の共働き生活は、どういった経緯でなりましたか?
家計の為に、自分で選択して働きに出ている主婦の方も多いのではないでしょうか? でも、疲れてイライラしているんですよね。

働いたら、それに見合った報酬も貰えるから、仕事で得られる充実感や成長も、自分の為にはもちろん必要です。
ですが、家庭の家事を負担に感じるぐらい、疲れて仕事をしてしまっては、家族が幸せになれないと思うわけです。

家族の幸せを作るのは、妻の役割と考えた方が、みんなが幸せになれます。

共働きの家事が原因で離婚になる場合も

収入を稼ぐということは、旦那さんの役割にあたりますよね。生活費を稼ぐために、旦那さんは一生懸命に仕事をしているわけです。

妻であるあなたや家族を養って、それに感謝を示してくれたらそれが旦那さんの幸せになります。2人で1つの役割をこなすということは、それなりに衝突します。離婚になったりする場合もあるわけです。

それは、旦那さんの仕事へのプライドと、妻の仕事をしているという、心境の変化から起こります。

「私も同じだけ、仕事しているのに、家事もこなしているのに」って態度にでてしまうんですよね。

稼ぐことの仕事は、旦那さんに任せて、妻である私たちは、家庭の家事や育児ができる余裕を持ちつつ、楽しめる範囲での仕事をすることが、いいような気がします。

フルタイム勤務やパート勤務を経験した私が学んだことです。

だから、仕事の負担を減らすことによって、自分が楽になり、家事を楽しめる。
共働きの家事は、分担できると考えない方が、期待もしないし、楽なんですよね。

共働きの家事は分担を期待せずに自分の負担を減らそう

共働きは、ほんとに毎日忙しいです。でも、家計を支える仕事をしていなければ、時間を減らすことも、負担を減らすことも割と出来るはずです。

仕事と、家族の幸せを両天秤にかけた場合、どちらがいいのか考えて、自分で選択していくことで見えてくることがあるのではないでしょうか?

主婦である私たちは、家族の幸せを守るといった、重要な役割があるということを忘れずに、今日も大切に生きて行きたいと思います。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





CATEGORIES & TAGS

共働き家計,

Author:

当サイトの掲載情報のご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。