働く主婦-充実life-style

主婦は毎日忙しい。仕事や子育てでばたばたしているけど、人生を充実させて輝かしい40代を過ごそう。

認定こども園 メリット
Photo by 認定こども園 メリット

幼稚園児子育て

認定こども園のメリットとデメリットを経験しました

認定こども園制度が充実してきて、自分の子供を認定こども園に入れたいという親御さんも増えてきました。

幼稚園や保育園と比べると、設立の歴史が短い認定こども園。
実際に、息子を認定こども園に通わせていた経験から感じたメリットやデメリットをご紹介します。

認定こども園の概要

認定こども園とは、小学校入学前の子供に対して、保育と教育を一体的に行う施設で、簡単にいえば、幼稚園と保育園の両方の良さを持っている施設になります。

平成24年8月に「子ども・子育て新制度」が成立し、認定こども園の一部改正が行われたことで認定こども園が利用しやすくなりました。

認定こども園の種類

認定こども園には、様々なタイプの施設があります。
現在、幼保連携型・幼稚園型・保育所型・地方裁量型の4つのタイプがあります。

  • 幼保連携型・・・幼稚園と保育園の機能を併せ持つタイプ。
  • 幼稚園型・・・・認可幼稚園が保育所的な機能を備えるタイプ。
  • 保育所型・・・・認可保育園が幼稚園的な機能を備えるタイプ。
  • 地方裁量型・・・認可幼稚園や認可保育園ではない、地域の教育・保育施設。

我が家の子供は、幼稚園型に通っていました。

認定こども園の管轄はどこ?

認定こども園の管轄省庁は内閣府によって管轄されています。
ちなみに、幼稚園は文部科学省の管轄、保育園は厚生労働省の管轄となります。

「子ども・子育て新制度」により、内閣府の管轄ではあるが、文部科学省・厚生労働省が一緒になって取り組んでいます。

認定こども園の利用について

「子ども・子育て新制度」 により、認定こども園を利用するにあたっては、
3つの認定区分が設けられています。

  • 1号認定:満3歳以上 ⇒ 教育標準時間認定
  • 2号認定:満3歳以上 ⇒ 保育認定(標準時間・短時間)
  • 3号認定:満3歳未満 ⇒ 保育認定(標準時間・短時間)

認定こども園は、保護者の就労に関わらず利用することが出来ますが、利用するには、支給認定を受けることで、区分分けが行われます。

認定こども園での子供を預けられる時間

認定こども園での子供を預けられる時間は、認定区分によって異なります。

1号認定の3~5歳児に対しては、教育標準時間(4時間程度)、
2号認定の3~5歳児に対しては、教育標準時間+保育時間(8~11時間程度)、3号認定も同じ時間で対象が0~2歳児となります。

2号認定、3号認定での教育時間+保育時間を利用するに当たっては、保護者の就労が必要になります。

認定こども園の保育料

認定こども園の保育料は、保護者の所得に応じて決まります。

具体的には、市町村民税所得割課税額等を基準に算出され、お住まいの市町村が定めた保育料となります。

子供が通っていた幼稚園型タイプの認定こども園は、認定区分によって、預かり保育を利用する際の、料金が違ってくるわけです。

1号認定と 2号認定では、保育料金も違ってきますし、預かり保育代金も違ってきます。

例えば、2号認定なら、保育時間内なら、預かり保育料は、市町村民税所得割課税額等を基準に算出された保育料に含まれている為、追加料金が無しですが、
1号認定で預かり保育を利用する場合は、1時間300円といった具合になります。

認定こども園のメリットとデメリット

保育料のことを考えると、認定こども園制度を利用すると、保育園に通わせるのも、幼稚園に通わせるのも保育料は同じになりますよね。

共働きでも、幼稚園にも通わせてみたいという方や、習い事をさせてやりたいという方には、認定こども園が最適だと思います。

ですが、実際に認定こども園制度を利用して幼稚園に入ってみると感じたことが様々ありましたので、メリットとデメリットを書き出してみます。

認定こども園のメリット

  • 子供に、幼稚園での教育や教養など様々な経験をさせてあげられるし、預かり保育が充実している。
  • 働いていながらママ友付き合いができ、小学校に入っても安心。

ずばり、子供が楽しめる・親が楽しめることに尽きると思います。保育園も経験していますが、幼稚園型認定こども園は、幼稚園のママが大多数なので、ママ友付き合いを求めている方も多いように感じます。

認定こども園のデメリット

  • 保育料+αのお金がかかります。
  • 行事参加が多いので、フルタイム勤務のママさんだときついかも。

我が家は、幼稚園型認定こども園だったので、幼稚園独自の行事費や育友会費、子供の用品など揃えるもの多く費用がかかりました。もちろん入学金だって金額が全然違ってきます。
小学校に入って揃える必要がある、絵の具セットやねんどグッズ、ピアニカなどを買わされるので、早く買っただけと思ったらあまり気になりませんが。

あとは、行事参加も保育園よりも回数が増えるので、仕事をしていて、平日にお休みが取れないママさんは大変かもしれません。

まとめ:認定こども園は子供に教育を考えてる働く主婦におすすめ

認定こども園は、働いている主婦におすすめの施設と感じています。実際に通わせてみて、保育園よりも親の行事参加とか、ママ友付き合いとか、お弁当作りとか、費用の面とか、様々大変な面も多かったけど、小学校に入った息子を見ていると、幼稚園型の認定こども園を選んだことを間違ってなかったと思えることも多いです。

教養や教育を教えてくれて、預かり保育が充実している施設、認定こども園を一度検討して見てはいかがでしょう。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





CATEGORIES & TAGS

幼稚園児子育て,

Author:

当サイトの掲載情報のご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。