働く主婦-充実life-style

主婦は毎日忙しい。仕事や子育てでばたばたしているけど、人生を充実させて輝かしい40代を過ごそう。

働く主婦生活

パワハラで会社都合退職!自己都合からの変更は証拠が必要

会社の社長からの厳しい物言いに疲れた。仕事の業務での無茶ぶりに加え、人格を否定してくる言い方には、もううんざり。

言っている本人は、パワハラ発言の自覚が全くなく、気がついているのは周りの従業員だけ。

そんな環境の中、ついていけなくなり自己都合退職をした場合、パワハラを認めてもらい、会社都合に出来るのか?

実際に、ハローワークの失業認定の際に行った、自己都合からの会社都合変更への申請方法などをご紹介します。

会社都合退職にするのはとても難しい現実

退職する前の3ヶ月間ぐらい、社長からのパワハラ発言を受けており、ほとほと疲れていました。

元々社長は、かっとなりやすい性格で、スイッチが入ると、気持ちを抑えられない人でした。
それは、以前からあったようで、私以外の過去に止めた従業員も、パワハラ発言に追い込まれて、辞めて行ったということを聞いていました。

今回は、私がターゲットになったわけですが、中のよい従業員の方たちも認めるパワハラ発言がいくつかありました。

その事実を証拠として提出しないと、パワハラと認められての会社都合退職は難しいと知っていたので、証拠となる物をいちお退社時に持って帰ったわけです。

ハローワークでの会社都合変更への手続き

そして、後日ハローワークに行き、失業保険の手続きをする際に、退職理由を聞かれるので、「パワハラがあり追い込まれて退職しました。」と伝えました。

そうすると、ハローワークの職員から、自己都合退職から会社都合退職に変更する為に、退職理由確認書を書いて下さいと言われました。
この退職理由確認書は、箇条書きでもよく、いつどのようなパワハラの内容があったかということを具体的に書きます。複数回書けます。

それを書いて、証拠となるものを提出するんですが、私が持って帰った書類は、証拠とならないので、効力がなく、申立書が必要になると言われました。

申立書とは、前の会社の従業員に、パワハラがあった事実を証言してもらう書類になります。3名分必要です。
この書類があると、とても有利になると聞きましたが、今も働いている同僚にその書類を書いてもらうことはしませんでした。

それはなぜかというと、証言した人の名前などを書かなければならないから。
ハローワークの職員いわく、会社にはばれませんと言われても、頼むのを躊躇してしまったんです。

会社都合退職への変更は証拠となるものを提出できれば認められる

同僚に、パワハラがあった事実を証言してほしいと頼まなかった為、会社都合に変更は出来ませんでした。

ハローワークの職員に、証言してもらっても身ばれはしませんと言われても、頼むことは出来なかったのです。
職員いわく、証言があれば、変更は通りやすいとのことでした。

なぜ、頼まなかったのかというと、そこまで執拗にして会社都合にするつもりはなかったんです。

パワハラ発言をして人を傷つけたことをわかってほしかった

書類を持って帰った時から、なんとなく会社都合は難しいだろうなという感じはありました。

でも、ハローワークの職員の話で、パワハラでの会社都合の変更を申し立てする場合は、そのパワハラの事実を本人にも確認するということだったので、申し立てしたんです。

パワハラ発言をした本人に、「自分が発言したことで人が傷ついている」という事実をわかってもらいたかった。

これが目的だったのです。だから、それが達成できたということで満足したわけ。

「自分が発言したことで人が傷ついている」 ということを本人は、わかっていないかもしれないけど、何か感じるものも出てくるだろうと。

まとめ:パワハラの証拠があれば会社都合退職に変更できる

実際には、パワハラがあったという事実がわかる証言や物があれば、会社都合に変更できる場合が多いようです。
例えば、録音テープとか、同僚の証言書類とかになります。

なので、確実に会社都合にしたければ、きちんと書類を用意をすれば安心です。

だけど、私のようにパワハラをした本人に、パワハラの事実をわかってもらいたいだけなら、証拠となるものはいりません。

社長であれ、上司であれ、人として尊敬できる人の下で働きたいと思う気持ちを大事にした結果、退職を選びましたが、後悔はありません。

これからも、人としての関わり合いを大切に生きていきたいですね。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





CATEGORIES & TAGS

働く主婦生活,

Author:

当サイトの掲載情報のご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。