働く主婦-充実life-style

主婦は毎日忙しい。仕事や子育てでばたばたしているけど、人生を充実させて輝かしい40代を過ごそう。

主婦のお買いもの

雨の日も安心!自転車通勤で濡れない雨除け対策

2019年4月3日

自転車通勤の主婦の皆さん。毎日ご苦労様です。

晴れの日は、自転車通勤も苦にならないのに、雨の日は最悪という方多いですよね。自転車通勤者は、天気予報チェックがかかせません。

出来るだけ、雨にぬれたくない」そんな悩みを抱えながら、自転車通勤が楽しくなる雨対策グッズを探している方へ向けて、雨の日でも安心の雨除け対策方法をお伝えします。

傘の角度自由自在な雨除け傘スタンド

自転車通勤時の雨除け対策の定番と言えば、「傘スタンド」。
「さすべえ」とか「傘ホルダー」とか色んな呼び方や、有名な傘スタンドがあります。

様々な傘スタンドが売っていますが、雨にぬれない傘スタンドとはどういったものがいいのか?

色々使って見て、角度が自由自在に変えられるタイプの傘スタンドが一番雨にぬれないと分かりました。

自転車通勤時に、傘ホルダーを使って、傘をさす場合、前のめりになりませんか?傘ホルダーと取り付ける場所は、どうしても自転車のハンドル部分になります。そうすると、前側に取り付けることになるので、どうしても前のめりになるんですよね。

だから、雨にぬれたくなかったら、傘スタンドの角度が自由自在に動く必要があります。高さを調節できることはもちろん、傘の角度を変えることが必要です。

なので、傘の角度が変えられるタイプの傘スタンドを選んで下さい。

3代目でようやく出会えた「かさキャッチ」。
ハンドルの真ん中に取り付けられるので、まんべんなくぬれません。

子供のせ自転車の前かごタイプは、真ん中に取り付けられないので注意が必要です。

取り付け部分の下側の角度はもちろん、上部のねじでも角度が変えられます。
2段階の角度調整が出来ます。角度が自由自在に動かせるというのは、ほんとに雨対策になります。

かばんも濡れない!レインコートで全身カバー

でも、「出来るだけ、雨にぬれたくない」 という場合、傘スタンドでは限界があります。だって、傘って、主に頭の部分中心に覆うものだから。

なので、ぜったいにぬれたくないっていう人は、全身を覆う必要があります。

そんなぜったいぬれたくない人向けの雨対策は、レインコート以外ないですね。
全身をおおうので、ぬれません。でも、レインコートの中が蒸れるし、暑いことが難点です。ほんとにむれます。

むれることが嫌じゃなければ、傘スタンドより確実に、雨にぬれません。
しかも、傘を差さなくていいし、かばんもぬれないというレインコートがあります。

ガバッと頭からかぶって、すっぽり全身をおおえるレインコートなら雨にぬれません。前かごをおおうタイプはほんとに便利です。

さらに、15㎝長くなったみたいですね。強風時は、前かご部分にかぶさっているレインコートがめくれたりしてたので、これはさらに便利。

使った後のしまう時は、きちんと乾かして、きちんとたたんでしまわないと、付属の袋に入らないです。
でも、それぐらいの手間なんて、と思うほど便利なポンチョ型レインコートです。

まとめ:自転車通勤の雨の日は、雨除けグッズを慎重に選んで対策

様々な雨対策グッズが販売されていますが、雨対策グッズの仕組みを理解して、購入することが一番のほんとにぬれない雨除け対策に。

雨の日は、通勤が憂鬱だなと思わずに、雨の日も楽しんで自転車通勤できるように、雨対策グッズを手に入れて快適なレインライフを楽しみましょう。

たまには雨の音もいいですよね。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





CATEGORIES & TAGS

主婦のお買いもの,

Author:

当サイトの掲載情報のご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。