働く主婦-充実life-style

主婦は毎日忙しい。仕事や子育てでばたばたしているけど、人生を充実させて輝かしい40代を過ごそう。

時短グッズ

泡切れ抜群の亀の子スポンジで時短食器洗い

食器洗いには、泡切れがいいスポンジを使いたい。でも、100均やホームセンターのスポンジでは泡切れに満足できない。

なんて思っている、主婦の方におすすめの「亀の子スポンジ」。
一度使って見ると、泡切れの良さが実感できます。

泡切れのよいスポンジを使うことで、時間の短縮になり、水道代も節約できるメリットも。
高品質の「亀の子スポンジ」の使用感をまとめてみました。

スポンジの目が粗い為泡切れが良い

亀の子スポンジは、あの有名な亀の子たわしの製造メーカーが開発したスポンジ。大手メーカーの品なので、安心感がありますね。

亀の子スポンジ

ごく普通のスポンジかと思いきや、使って見ると泡切れが違います。
洗いやすさは、固めのスポンジで、角がしっかりしているので洗いやすい。
泡切れもいいですが、水切れも抜群です。

亀の子スポンジは、なぜ泡切れがよいのか?というと、メーカー曰く「目が粗い」から。スポンジの目を粗くすることで、水切れ、泡切れともによくなるらしい。

水切れがよくなると、すぐ乾燥するから、スポンジを清潔に保てます。
銀イオンを練りこむことで、さらに清潔に。

目の粗さを比較してみました。

左が亀の子スポンジで右が泡キュット
さらに拡大してみました。

左が「亀の子スポンジ」。比較してみると、目の粗さがわかりますね

右のスポンジは、「泡キュット」というスポンジ。こちらのスポンジを今までは気に入って使用していました。
この「泡キュット」もすごいんです。泡が立ちやすいうえに、水切れがいいです。泡切れは、普通かなといった印象。

「亀の子スポンジ」の方が、目が粗いから水切れがよい、とはなんとなく納得。
実際に使用してみても、すぐに水切れを実感しました。

スポンジのコスパ率を比較するために2ヶ月使用してみる

「泡キュット」も気に入ってはいたのですが、へたり具合がどうしても気になる。下のタイプはまだましだけど、「泡キュット」シリーズのネットスポンジという、ネットにスポンジが入っているタイプは、ほんとにへたりが早いです。

「泡キュット」シリーズの素材は、ポリウレタンフォームで、
「亀の子スポンジ」の素材は、ポリウレタン。

ポリウレタンとポリウレタンフォームは物質としては同じもの。
発泡させてフォーム状にしたものをフォームと呼ぶらしい。

気になるのは、どれぐらい使えるのかということ。
「泡キュット」のスポンジは、2週間ぐらいでへたってきます。
「亀の子スポンジ」は、どらぐらいもつのか?と表示をみると、

亀の子東子

2ヶ月を目安にご交換ください、とのこと。これがほんとならいいと思う。
「亀の子スポンジ」は、価格 324円(税込)なので、「泡キュット」の最安 72円 (税込) を2週間を目安に交換するとして計算すると、72円×4回=288円なり

これぐらいの差なら「亀の子スポンジ」の泡切れのよさを選ぶかな。
さて、ほんとに2ヶ月間へたらずにもつのでしょうか。

まとめ:泡切れスポンジを使って時短家事を目指そう

泡切れのよいスポンジを使うことで、食器洗いの時間が短縮できるし、水を節約出来ます。

毎日使うものをちょっと見直すことで、時短に。
忙しい主婦の方にお勧めできる、毎日使う、便利な時短グッズです。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





CATEGORIES & TAGS

時短グッズ,

Author:

当サイトの掲載情報のご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。