働く主婦-充実life-style

主婦は毎日忙しい。仕事や子育てでばたばたしているけど、人生を充実させて輝かしい40代を過ごそう。

時短グッズ

入学準備の名前付けはテプラで時短しよう

春の季節は、入学や入園シーズン。うれしいわくわくする反面、親としては入学準備の負担が増えますよね。働く主婦なら、なおさら大変です。

入学準備として、小学校や幼稚園で使う、様々な学校用品を揃えるのも大変ですが、一番大変だなと感じるのは「お名前付け」。
つみきやおはじきのお名前付け、地獄です。

そんな「お名前付け」、春休みの間に、出来るだけ時間をかけず、簡単に終わらせたいって思いますよね?

そんな時のお名前付けには「ラベルライター」が便利です。
「 ラベルライター 」は、1台あれば日常生活の整理整頓にも使える優れものです。 ラベルライターの総称で有名なものに「テプラ」があります。

時短出来る便利なグッズを使って、簡単にお名前付けを済ましちゃいましょう。

ラベルライターでお名前付けが簡単で便利

入学準備にあたって「お名前付け」をする場合、どういったものを使いますか?
メリット、デメリットを書いてみました。

■マジックで書く

デメリット:手間と時間がかかる。水で洗うものなどは、にじんで消えてしまうことがある。

メリット:費用がかからない。

■お名前スタンプを使う

デメリット:費用がかかる。 事前の申し込みが必要。インクによっては、にじんで消えてしまうことがある。

メリット:小中大とセットになっている物が多く、比較的いろんな箇所に名前を付けやすい。

■お名前シールを使う

デメリット:費用がかかる。事前の申し込みが必要。 様々な大きさのセットになっているので、使わない大きさや足りない大きさのシールが出てくる。

メリット:手軽に使える。

これらと比較して、「テプラ」のメリットとデメリットを書いてみると、

■テプラ(ラベルライター)を使う

デメリット:費用が高い。

メリット:手軽に使える。好きなだけ好きなように使える。インクがにじまない。

こう書き出してみると、「ラベルライター(テプラ)」の費用が高い、というデメリットを除けば、お勧めできる品ではないでしょうか?

では、ほんとに高いのか?を検証してみましょう。

テプラの価格は高いか安いかコスパを検証

「ラベルライター(テプラ)」購入時にかかる費用が割高ということで、躊躇している方も多いと思います。
ラベルライター(テプラ) のコスパについて調べてみたいと思います。

ラベルライターの有名なメーカーは、キングジム、ブラザー、カシオの3社です。キングジムの「テプラ」は有名ですね。

では、価格帯はどうなっているでしょうか?
6000円以下で買える低価格帯のオーソドックスなタイプをご紹介。

キングジム:6000円以下のテプラ

キングジム「テプラPRO」:SR170

キングジム「テプラPRO」:SR-GL1

カシオ:3000円台のラベルライター

カシオ: 「ネームランド(NAME LAND)」 : KL-P40-WE

ブラザー:3000円以下のラベルライター

ブラザー「ピータッチ」:PT-J100

ラベルライターは、本体にプラスして、ラベルシールの購入が必要です。
シールは、幅によって多少値段が変わってきますが、1本800円前後で買えます。

低価格帯のラベルライターも結構各社出しているんですよ。

ラベルライターのおすすめできる使い方

1台あれば、使用用途が多い「ラベルライター」。
子供の入学準備の時だけでなく、日常で頻繁に使うことが出来るので、ほんとに便利です。

整理整頓が苦手な私ですが、 細かく仕分けして、 ラベルライターで分かりやすく名前を付けておくだけで、整理上手になります。買い間違いも防げます。

■キッチン・お風呂
調味料入れにラベル・お弁当グッズ整理にラベル・お菓子のラッピングにラベル・シャンプーボトルにラベル・家族の下着入れにラベル

■リビング
文房具整理にラベル・化粧品整理にラベル・救急用品にラベル・書類整理や写真整理にラベル

共働きで忙しい主婦の方には、「ラベルライター」は時短出来るおすすめの時短グッズだと思います。コスパ率も高いと思っています。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





CATEGORIES & TAGS

時短グッズ,

Author:

当サイトの掲載情報のご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。