働く主婦-充実life-style

主婦は毎日忙しい。仕事や子育てでばたばたしているけど、人生を充実させて輝かしい40代を過ごそう。

共働き家計

共働き主婦が突然の失業で旦那の扶養に

2019年3月23日

5年ほど勤めていた会社を辞めました。
今現在は、失業保険を貰うために休職中です。働く主婦じゃなくなったんですよね、今は。

会社を辞めた理由はさまざまですが、きっかけとなった出来事は、社長からのパワハラ。去年の秋ぐらいから、社長のきつい物言いにはほとほと疲れていました。

だけど、パート勤務と言えども、社会保険料を払い、旦那の扶養からは外れている働き方をしていたので、がっつり家計の収入に響くことは分かっていたので、そう簡単には辞めるわけにはいきません。

気持ちを切り替えながら、なんとか続ける努力をしましたが、退職することを選択しました。

辞めた後は、すっきりし、次のステップに向かって進んでいます。先のことは、しばらく考えて答えを出そうと思っています。

失業にあたって、扶養になる手続きや、失業保険の手続きなどすることがありましたので、そちらを記録します。

転職までの間、旦那の扶養になる手続き

まず、退職したら、旦那の扶養から外れて働いていたので、旦那の扶養に入れてもらわなければなりません。
「扶養」という意味は、通常「税金の配偶者控除」 「健康保険の扶養家族」 という2つの意味で使われます。

税金の配偶者控除」 とは、配偶者の収入が一定以下なら旦那の配偶者控除の適用をうけることができるということ。
103万の壁とか130万の壁とか言われているやつですね。
旦那さんが奥さんを扶養していれば、税金の優遇が受けれるということですね。

あと、退職したら、会社に社会保険証を返却しますので、「健康保険の扶養家族」 とは、 簡単に言えば、旦那の扶養になり、旦那の社会保険に入れてもらうということですね。これにより妻の保険料は不要になります。

具体的に、旦那さんがしてくれたことは、私を扶養する旨を伝えて貰い、私の基礎年金番号マイナンバーを伝えたこと。
健康保険の扶養異動届というものを、会社の担当者がかいてくれるらしいです。

失業保険の間の社会保険はどうなるの?

40代主婦の再就職は、そんなに簡単なものじゃないし、次の働き方を考える時期にしようと決めているので、失業保険を頂こうとほぼ決めていました。

無事に、旦那さんの扶養に入れてもらったのもつかの間、失業保険について調べていると、めんどくさいことが判明。

失業保険と言われている、失業給付金を貰っている間は、年収により社会保険の扶養になれないことがわかりました。しかも、ハローワークの担当者にそのことを確認すると、私はいったん扶養から外れなければならないと言われてしまいました。

自己都合退職の場合、退職してから3ヶ月経過後の4か月目から失業給付金が貰えます。そして、私の場合は3か月間受給出来ます。
なので、受給開始からの4ヶ月目からは、3か月間は旦那の扶養から外れて、国民健康保険に入らなければならないらしいです。

ただただ、めんどくさ~。この制度、どうにかしてほしいとか思うわけです。

でも、3ヶ月間でもきちんとしないとだめらしいので、頑張ります。

40代主婦の転職で考える次の働き方

気がつけば、40代になる時期にこういったことが起こり、ちょっと気持ちがついていかない時期もありました。

でも、少し落ち着いて考えてみると、ピンチはチャンスと思ったんです。ほんとに。これも必然的と言えば必然的な出来事なのかな、と。

扶養内のパートタイムに戻した方がいいかなとか考えた時期もありますし、このままの働き方でいいのかなとか思った時期もありました。

今は、まだ答えが出ていませんが、家族や周りに感謝して、ゆっくり前を向いていきたいと思います。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





CATEGORIES & TAGS

共働き家計,

Author:

当サイトの掲載情報のご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。