働く主婦-充実life-style

30代兼業主婦。仕事・子育てをしながら、充実した生活を目指します。

在宅で働く

在宅ワークは主婦には向いてるが稼ぐのが難しい

投稿日:2013年2月7日

育児中で、外に働き出たくても出れない子育て中のママさん。

いざ、外で働きに出てみたら、子供がしょっちゅう熱を出して仕事になかなか行けなかった。

 

そんな主婦にはメリットが多い、在宅での仕事。

 

私がしていた在宅の仕事は、以前通っていた職場で請け負った仕事を出産後も続けて在宅でさせてもらっていた、在宅での仕事。

・平日2~3時間程度で土日祝は休み。

・時間は特に決まっていなかったので子供が寝た後の夜中に仕事。

・PCをつかってメールチェックやメルマガ入稿のチェックなど。

 

約4年ほど在宅での仕事をして感じたこと。

・夜子供が寝静まってから仕事をする

 

在宅と言えども、仕事は仕事。きちんとこなさねばなりません。



子供の相手をしながら隙間時間に在宅ワークは難しい

よく目にする、1原稿●●円とか1回で終わる在宅ワークの場合。

ある程度の数をこなさなければ、思うように稼げません。

小さい子供の相手をしながら、ちょこちょこ在宅ワークをこなすのは、現実的ではありません。

 

私の場合は、請け負った仕事で時給計算でお給料を頂いていたのですが、それでも、仕事は子供が夜寝ている時に限定してこなしていました。

夜寝ていても、子供がぐずって目を覚ましそうになったら、すぐにトントンをしてあげて寝かしつけて、また仕事再開。

 

小さい子どもがいたら在宅での仕事でも2~3時間が限界です。

子供といっしょにいれるメリットはありますが、1歳~3歳ぐらいの子供は目がはなせませんし、じゃましてきますので、子供が寝ているお昼寝時間か、夜中に仕事をこなすことになります。

 

そうすると、必然的に自分の睡眠時間を削ることになります。

小さい子供の相手をして、母乳をあげていたりして、へとへとで睡眠時間減らすことはかなり忍耐が必要です。

 

そこで改めて子育て主婦が働くことの難しさを痛感したり。

睡魔と戦いながら、毎日仕事をこなしていたことを思い出します。

過ぎ去ってしまった今となっては、いい思い出ですが。

 

お母さんが疲れてテンションが下がってしまったら、小さい子供は敏感に空気を読み取りますので、在宅ワークではいっぱい稼ごう!と思わずに、子供が小さいうちはこれだけ!と範囲を決めたり、次のステップアップに!と自分のペースで楽しみながらこなすのをおすすめします。


子育て中でも息抜きは必要ですから、自分のペースをつかみながらがいいですね。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





-在宅で働く
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

在宅での仕事は子育て主婦が次につなげるスキルになるかも

私は以前、在宅での仕事をしていました。 上の子出産後、約4年間在宅で仕事をしていました。 在宅ワークでの仕事は子育て主婦なら睡眠時間を削ることを覚悟して下さい   2人の子育て経験上、子供を …

当サイトの掲載情報のご利用に際して、 何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても 当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。