働く主婦-充実life-style

30代兼業主婦。仕事・子育てをしながら、充実した生活を目指します。

子供用品

ジャージ素材の補修布でお手軽にお裁縫

投稿日:

子供の体操服ジャージがほつれてきて、穴が開いてきたので、2度ほど糸と針で縫いました。

お裁縫は、得意な方ではないですが、やりだすと最後まできっちりやり遂げたい!

完成した後は、さっぱり爽快感にひたれるタイプ。

 

でも、2度も縫った所がほどけてしまったので、今回は補修布を使いました。

洗濯時に乾燥機を使うので、布の剥がれが気になり、補修布は伸縮性のある、ジャージタイプの補修布にしました。



アイロンでつけれるタイプの補修布

 

 

 

 

 

 

 

ジャージの補修シートなので、ジャージ専用なのかな?

ほんとは、Amazonで売っている補修布を買う予定だったのですが、送料がもったいないからと思い店頭で購入しました。

でも、プライム会員だから翌日届けてくれて、送料無料じゃん。。とは後の祭り。

補修布はKAWAGUCHIというメーカーがいろんな種類だしていて、有名なのかな?

 

今回は違うメーカーを使用してみましたが、使い方は同じであろう。

中には、型紙が入っていました。これはとても便利でしたよ。

洗濯時には、乾燥機を使っているから、接着面がはがれるんじゃないかと心配していましたが、

心配の通り、端の方が少し剥がれていました。

アイロンですぐに接着し直し。すぐに直ります。

 

 

今の所、剥がれは少しですんでいるので、ジャージ用を買ってよかったのかな、と思っています。

靴下とかも補修できるのを知って少しびっくり。

少しのほつれなら、お裁縫をするより、アイロンがけだけで接着する補修布を使うのがいいかも。

共働きの協力アイテムになりそうだな。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





-子供用品

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アメリカの海外子供服って生地がしっかりしているのが意外だった。

我が家は、娘が生まれた時から、いとこにいつも大量のお下がりを頂いています。   中でも乳幼児期~2歳ぐらいまで使えるアメリカの海外子供服がかわいいのなんのって! いとこは、国際結婚してアメリ …

no image

小学生のいつごろからお部屋と机が必要?

週末こんにちはー。来週は節分でのり巻きですね。。。 そんなこんなで・・・   4月には2年生になる娘ですが、机はまだ買っていません。 今はリビングのこたつで宿題をして、ランドセルもリビングの …

no image

給食ナフキンはアイロン不要が助かる話

新年度の時期になると、幼稚園のランチクロスや、小学校の給食ナフキンを揃えたりと、 入学準備でバタバタしますね。 私も、入学準備を経験していますが、給食のナフキンやランチクロスを簡単に選んでしまって、失 …

no image

子供の洋服はお古で靴は新品を買う節約方法をとっています

子供はあっという間に成長する。 あっという間の成長だから、子供の洋服のサイズアウトも早い。 小学生ぐらいまでなら2年で着られなくなるぐらい。   子供の洋服の節約を考えた場合、基本的にはお古 …

no image

羽毛布団は安いものでも暖か、子供用羽毛布団買いました。

今年は暖冬ということであまり寒さを感じていないが、これから寒くなるらしい的なことがどこかの記事に書いてあった。   冬の寒~い夜を耐え忍ぶための必須アイテム「羽毛布団」。 この冬、やっと家族 …

当サイトの掲載情報のご利用に際して、 何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても 当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。