働く主婦-充実life-style

30代兼業主婦。子育て・仕事をしながら、充実した生活を目指します。

お金のこと 共働きの税金

住宅ローン返済完済めざし、老後資金積立にも挑戦

投稿日:

先日、住宅ローン控除を最大限に利用するべく、当面は繰り上げ返済分のお金を貯めておこうという話を書いた。

早期繰り上げ返済を一括返済方式に変更

 

年間の目標金額を貯金できれば、5年以内には住宅ローンを完済しているばずなので、次の目標について考えてみる。

5年での変化と言えば、子供の成長では、上が中学生から高校生へ、下が小学生なので、公立に通う分には教育費関係のお金はさほどかからないと思う。

ここで大まかに変わってくるのは、公立に通うか、私立に通うか。

もちろん、一般家庭なので私立に通うのは厳しいと考えているけど、お金があったら通わせたいという願望もあったりなかったり。

 

でも、塾には通わせた方がいいと考えているので、塾代は多少なりともかかるかな~と。

私の考えている塾とは、進学塾のような塾ではなく、学べることを楽しめる塾のような、そんな軽い感じの塾。

そういう教育は、無いよりあった方がいいと考えているので。

 

そんな教育費という習い事代が、2人分かかってくることは、必須になる。

でも、それも1人ずつ金額を決めて取り組もうと思う。なんでもかんでもというわけにはいかない。

 

教育費に関しては、1人づつ、学資保険をかけているけど、金額は大学の入学金程度だから、児童手当を生まれた時から積み立てている。

児童手当は、全部貯めたら1人につき200万程度になるから、ばかにならない。ありがたいお金だ。



老後の積立は確定拠出年金で共働きの節税をしよう

この5年間の間に、老後の積み立てについても考えなければな~と。

ちりも積もれば貯まってくるお金なので、こつこつ貯める習慣は身に着けておかないといけないな。

 

とりあえず出来ることといえば、児童手当のように、凍結状態の銀行口座に毎月1万円でも貯金しておこうかなと思う。

今できないことは、先にも出来ない気がするので、今思ったことをやろう。

 

そう考えると、確定拠出年金がやはり気になってきた。

保育料アップの負担を節税で少しでも安くする方法

確定拠出年金のメリットは、預けた掛け金、全額が所得控除の対象になるということ。

確定拠出年金を節税に利用したいな~。

しかし、ふるさと納税との併用が金額によりデメリットもあるらしいから気を付けよう。

 

今年は、確定拠出年金を実行すること、を目標にしようと。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





-お金のこと, 共働きの税金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

共働き主婦、今年1年の貯金目標は150万貯めること

大々的な今年の貯金目標をたててしまって、少しびびっているmarioです、こんにちは。   去年の貯金が3桁まであと一歩のところまでせまって、達成しなかったのでくやしいのですが、 去年は豪遊し …

no image

年収300万では貯金出来ないので共働きを選びました。

年収300万の生活で貯金は出来るか?と聞かれたら、 私は、「出来る人は出来るし、出来ない人は出来ない。」と答えます。 ちなみに、年収300万円台と年収300万円だと最大100万円の幅が出てきますので、 …

no image

共働きでよかったと思えるボーナス時期

夫婦共働きの家庭が、多い世の中になりましたが、子育てしながら毎日仕事大変ですよね。 帰宅時にはあたりが暗くなり、へとへとで帰ってきて、それから晩御飯の支度にと大忙し。   でも、ボーナス時期 …

no image

配偶者控除を受けれない共働き主婦の嘆き

去年書いた記事、2016年10月からパート主婦でも社会保険加入が必要になりそうな話が現実になり、実行されていますね。 パートタイム労働者の社会保険の適用枠が拡大され、大企業にお勤めの方などはパートでも …

no image

共働きの子供を妻の扶養で住民税を節税する

共働き家庭でもそうでなくでも節税はできるだけ検討したい。   我が家は共働き家庭で、私は旦那さんの扶養を外れて働いているので、配偶者控除は受けれません。 所得税はもちろん、住民税もかかってき …

当サイトの掲載情報のご利用に際して、 何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても 当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。