働く主婦-充実life-style

30代兼業主婦。仕事・子育てをしながら、充実した生活を目指します。

保険について 共働きの税金

確定拠出年金に飛びつく前に入るべき時期を知る

投稿日:2017年6月22日

以前に、保育料が高いからどうにか節税して、保育料を下げれないかと考えていた件で

保育料アップの負担を節税で少しでも安くする方法

 

生命保険料控除は3種類あり、生命保険料・介護医療保険料・個人年金保険料とあるが、

子供たちそれぞれに学資保険をかけて、生命保険料部分は着手済み。

 

残りの介護医療保険料・個人年金保険料の2つを検討中だが、

それぞれ年8万以上の掛け金で年4万の控除が受けれるらしいが、4万程度の控除では、保険料は1ランクも下がりそうにない。

 

大幅に、控除されるには今話題になっていて、広まりつつある確定拠出年金が有効なようだが・・・

年金という名の通り、60歳まで掛け金が一切引出せない。

そうそう簡単なことではなさそうだ。

 

そんなことをいろいろ考えると、老後の資金の話になってくる。

今、子供の教育費のことを考えているのに。

 

我が家は、共働き家庭ではなかったら、到底やっていけないので、

今まで老後資金とかあまり考えたことなかったけど、少し余裕が出てきたからか、少し先を考えれるように・・・



出来るだけ保険には入りたくないという考え方

下の子が小学校に上がると、高い保育料はかかってこなくなるので、その分を貯蓄に回せるようになる。

共働き家庭ではよくある、子供が小学校の時期が一番の貯めどき。という事実。

 

我が家もここを逃してはならないと思っている。

その時期になったとき、貯め率をあげる為に、出来るだけ支出は減らしておきたい。

 

なので、目先の節税に飛びつく前に、先の負担を考えた方がいい。という結果になっています。今の所。

 

学資保険は、返戻金がよく、貯蓄積立だと考えているので問題なし。

あとは、医療保険のがん保険は検討した方がいいかな?とは考えてはいます。

 

下の子が小学校に入って、少し落ち着いたら、確定拠出年金について勉強して、老後資金として運用してもいいかな、とは考えています。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





-保険について, 共働きの税金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

共働きの子供を妻の扶養で住民税を節税する

共働き家庭でもそうでなくでも節税はできるだけ検討したい。   我が家は共働き家庭で、私は旦那さんの扶養を外れて働いているので、配偶者控除は受けれません。 所得税はもちろん、住民税もかかってき …

no image

配偶者控除を受けれない共働き主婦の嘆き

去年書いた記事、2016年10月からパート主婦でも社会保険加入が必要になりそうな話が現実になり、実行されていますね。 パートタイム労働者の社会保険の適用枠が拡大され、大企業にお勤めの方などはパートでも …

no image

自動車保険の走行距離が少しオーバーしていた件

我が家の車保険は、毎年4月が更新月になります。 何かと物入りの4月、なんとか出費を抑えたい、そんな節約派のあなたに、少しばかり、セコイ技をお教えします。   毎年、自動車保険の契約更新をする …

no image

主婦が乗りやすい軽自動車!保険も節約!

共働き以前は、年収300万で生活を頑張っていたmarioです。   我が家のマイカーは、中古車の軽自動車。 軽自動車に乗って、経費を削っています。大幅に固定費をカット。 軽自動車に乗ることで …

no image

学資保険と終身保険をどっちか迷ったので比較してみると

今年から私も所得控除をうけるべく、節税に取りかかりました。 保育料アップの負担を節税で少しでも安くする方法   先日、下の子の学資保険を契約してきました。 契約する前にいろいろ下調べをして結 …

当サイトの掲載情報のご利用に際して、 何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても 当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。