働く主婦-充実life-style

主婦は毎日忙しい。仕事や子育てでばたばたしているけど、人生を充実させて輝かしい40代を過ごそう。

家計簿で支出の割合が高い住居費を減らすことを考える

生活費節約

家計簿で支出の割合が高い住居費を減らすことを考える

共働き生活をしていない時、我が家は年収300万台生活をしていました。

年収300万台というと幅が広いですが、限りなく300万に近い金額でした。

 

時期を待って、働きに出ようと考えていましたが、それまでは生活費を削ることを考えて生活していました。

 

私は、家計簿をきっちりつけていません。

つけていた時期もありますが、今は家計簿つけていません。

性格的に、きっちり家計簿をつけれないし、続かないのです。

 

そんな、家計簿をきっちりとつけれない主婦の方向けの、支出を減らす方法。

それは、支出の割合が高い所を削るだけな簡単な方法です。

住居費を見直し、支出の大幅なカット

我が家の場合は、まず家賃を削りました。

家計の支出の中で、一番の割合を占めていることが多い住居費

家賃や住宅ローンの支払いもこの住居費になります。

 

この住居費を、2万5千円削減しました。

年収300万で中古の分譲マンションを購入しました。

 

こうして、生活費の見直しが必要だな~と感じてきたら、支出の割合が高い項目を見直しています。

でも、食費も支出の割合が高めですが、そこは激しく削りたくない項目です。

育ち盛りの子供たち、家族の健康は大事ですからね。

 

削っても問題のない項目を見直ししています。

通信費は光回線月々3000円で節約しています。

 

住居費が減って、共働き生活になったことで、すこしの余裕が出来ました。

次は、住居費を支出ではなく、収入に変えることを目標にしています。

住宅ローン繰り上げ返済で大家さんになれる?

 

共働きになった今でも、家計の中でも、ウエイトを占める割合の高い項目を見直すことは、定期的に続けようと思います。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





CATEGORIES & TAGS

生活費節約,

Author:

当サイトの掲載情報のご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。