働く主婦-充実life-style

主婦は毎日忙しい。仕事や子育てでばたばたしているけど、人生を充実させて輝かしい40代を過ごそう。

マンション住まい

もう空気清浄機フィルターにカビを生えささないようにしよう

2017年1月10日

気密性の高いマンションに住んでいて、冬場や湿気の多い梅雨の時期になると、カビが怖いっていう主婦の方いませんか?

先日、掃除の際に空気洗浄機の脱臭フィルターにカビが生えてたのを発見した時は、そりゃーショックで。

前も生やしたんですよね、カビさん。

もう、空気清浄機フィルターにカビを生やさないようにする為に、出来る簡単なことをまとめました。

カビは湿気が大好物。気密性の高いマンションは通気を良くする。

カビさんは、湿気が大好物です。湿気があるところならどんどん増えていきます。カビをそのまま放置していると、大変なことになっちゃいます。

でも、一度カビが生えてしまってからは、空気清浄機の加湿機能は極力使わずにいたのに、なぜまたフィルターにカビが生えてしまったのだろう。

そういえば、思い当たる節があった。

去年は、空気清浄機を窓際ではなく、壁側においていたのだが、今季の冬は、空気清浄機の置き場所を窓際に置き換えたのだった。

以前、窓際に本棚を置いていた時も、その本棚の後ろの壁と本棚の裏側にびっしりカビが生えていたことがあった。

マンションは元々気密性が高い為、窓の結露もすごいと書いたことがあったが、その窓についた結露した水滴を、空気清浄機が吸い込んだに違いない。

もちろん、結露対策以前に、お掃除もきっちりしておかないといけないのは言うまでもないけど。

またフィルターにカビが生えてきては困るし、カビの原因にもなる結露は、放置しておいては怖いですよね、家族の健康にもつながるし。

マンションの結露対策には換気扇が効果あり

じゃあ、空気清浄機にカビを生やさないようするには、窓際に置くことをやめて、窓の結露もなるべくしないようにしなければいけないってことか。

結露対策として最初は、水滴が付くたびに、100均で買った水滴取りワイパーでこまめに窓をすぃーっとやっていたのだが、時間が無い朝から時間のかかることなんてやってられないんですよ、ほんとに。

なので、結露対策として一番効果があるのが、朝起きたら換気扇をオンします。そして窓の小窓を少し開ける。

これだけで徐々に昼ぐらいには結露さんがいなくなります。

この方法は、すぐに結露がなくなるというわけではないので、即効性はありませんが、時間が無い人にとっては対策にはなります。

なので、冬場は特にキッチンの換気扇つけていること多い。

通気性・においもとってくれる換気扇ですが、電気代はずーとつけっぱなしにしていても、月々数百円程度。

パナソニック空気清浄機F-VXF45の脱臭フィルターを交換

カビがついた脱臭フィルターを取ろうと思ったけど、今回は、新しいものに交換しました。

パナソニック空気清浄機F-VXF45は、生産が終了しているので、対応している脱臭フィルターを探して新しくしました。
パナソニック スーパーナノテク脱臭 空気清浄機フィルター F-ZXFD45

スーパーナノテク脱臭なフィルターらしい。

脱臭フィルターにカビが生えてしまった時、取り除ける対策みたいなのがあったけど、カビ菌って、しぶといから、そんなに高価なものでもないし、購入しました。

ちなみに、集じんフィルターも、脱臭フィルターも交換目安が10年とか書いてあるけど、あれってほんとじゃないよね?

私は、集じんフィルターも、脱臭フィルターも5年たたずに交換済み。

交換目安、えらい長いなーとか思っていたけど、あくまでも目安だからね。

あ、納得。

まとめ:空気清浄機のカビ対策には掃除と湿気対策が必要

空気清浄機の中のフィルターまで、きちんと見てないっていう人は危険。

マンション住まいで、冬場や梅雨の湿気の多い時期は、お掃除の際に、きちんとフィルターを確認して、カビが繁殖していないかこまめにチェックした方がいいですね。

あとは、出来るだけ部屋全体の通気性を良くして、湿度を上げないようにすること。そのためには、部屋全体の空気の循環を良くする。

それを手軽にできるのは、換気扇を回すこと

空気清浄機フィルターだけでなく、部屋全体にカビが潜んでいることをしって、マンション住まいを快適なものにしたいですね。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





CATEGORIES & TAGS

マンション住まい,

Author:

当サイトの掲載情報のご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。