働く主婦-充実life-style

主婦は毎日忙しい。仕事や子育てでばたばたしているけど、人生を充実させて輝かしい40代を過ごそう。

カインズホーム

1枚あれば便利なフライパン蓋はこれだ!

2016年9月6日

主婦の皆さん、フライパンって毎日何枚使っていますか?
料理が得意でない私でも、フライパン2枚は使って料理しています。

そのフライパンは、朝食用に小さいサイズ、夕飯用に大きいサイズの物を使い分けています。

そんな、毎日数枚使うフライパンですが、サイズが違うのを使い分けていたらフライパンも数枚入りますよね?
何枚も置けないから、お気に入りの2,3枚でいいわっていう方へ、サイズ調整可能なフライパン蓋をご紹介します。

サイズ調整可能なフライパン蓋でサイズ合わないを解消

フライパンは、サイズ違いが数枚あったら、用途に合わせて使いこなせるけど、フライパン蓋は、場所も取るし、毎回は使わない。

なんていう場合は、様々なサイズに対応できるフライパン蓋を使っています。

これが実に便利。場所もかさばらないし、サイズがある蓋を探さなくていいですから。サイズの合わないイライラを解消できます。

おすすめできる使ってよかった、コスパ率が高いフライパン蓋をご紹介。

カインズホームのフライパン蓋はコスパ率高し

image000000 (11)

ステンレス製ガラス窓付きフライパンカバー M

カインズホームで購入して使っているフライパン蓋ですが、私はコスパ率ハンパないと一押しします。

・カインズのPB商品なので、お値段もお手頃→税込880円
ツマミ部分がたためるので、場所をとらない。収納に便利。
1つで3サイズの鍋とフライパンに対応できる優れもの!

なんと言っても、3サイズに対応できる蓋っていうところがお気に入り。

私が使用している蓋は、Mサイズの方なので、22cm・24cm・26cmのフライパン・鍋に対応しています。

image000000 (12)

フライパンにのせるとこんな感じ。

小さいフライパンに大きい蓋をのせると、ずれて落ちることがよくあるし、危ない。

このフライパン蓋に出会う前は、フライパンと蓋のサイズが合わないのを使っていて、よくずれていて不便でした。

お鍋にも対応できるし、ガラス部分から中身が見えるので、料理がしやすいです。

ニトリとカインズのフライパン蓋ならカインズに軍配

カインズのPB商品のフライパン蓋と同じ価格帯のニトリはどうなのか?
ニトリのフライパン蓋も使用したことがあるので、比較してみます。

ニトリの同じ価格帯の3サイズ対応のフライパン蓋は、 立てられるふた 24cm・26cm・28cm用という商品です。

以前、使っていたことがあるニトリのフライパン蓋は、取っ手がまっすぐのタイプを使用していました。現在は、立てられるタイプの蓋に変わっているようです。

・ニトリなので、やはりお値段もお手頃→税込799円
・ツマミではなく、取ってがついているタイプ。しかも蓋を立てられる。
・1つで3サイズの鍋とフライパンに対応できる優れもの!

大きく違う点は、対応サイズが24cm・26cm・28cm用なので、カインズホームのフライパン蓋よりもサイズはおおきめということですね。

使用感は、私はカインズホームのフライパン蓋がいいです。

その理由は2点
・つまみ部分が折りたためることと。
・蓋の表面がステンレス鋼なところ。

つまみが折りたためると収納時にかさばらないので、すっきりします。

あと、フッ素樹脂加工の蓋は、放置していたら油汚れが付きやすいというか、洗い落としにくいというか、そんな感じで、ステンレスは洗いやすく、きれいになりやすい。

サイズから比較すると、価格はニトリに軍配が上がりますが、カインズホームにもガラスにはなっていないけど、サイズ対応可能の立てられるフライパン蓋で、もっとお買い得なフライパン蓋があります。

なので、私はカインズホームのステンレスのつまみが折りたためるフライパン蓋がお気に入りですね。

サイズ調整可能なフライパン蓋をご紹介

他に、ありそうでなかなか無い3サイズ対応のフライパン蓋を探してみました。

ニトリと同じフッ素樹脂加工の取ってが立てられるフライパン蓋。

3サイズ対応でお値段がリーズナブルです。

ケユカの20cm~27cmにサイズ対応可能なフライパン蓋。取っ手部分が折りたためるタイプで、使いやすそう。

こんな木目調のかわいいフライパン蓋もあります。

表面は、フッ素樹脂加工になっているようです。

まとめ:サイズ調整可能なフライパン蓋はカインズホームで

我が家は、料理をなるべくヘルシーにしたいから「フライパン蓋」を使って、食材を蒸すことが多いです。
そんな時、いちいち蒸し鍋を出していては、時間がかかる。そのまま「フライパン蓋」で蒸せれば楽ちん。
蒸している間に、もう一品となれば、結果時短になるわけです。

サイズ調整可能な「フライパン蓋」は、とても便利。
今はほとんどのメーカーで、サイズ調整対応可能になっている蓋を取り扱っています。

安いチープな価格帯でいくと、ニトリとカインズホームなら、素材感でカインズホームがいいかなと思いますが、実際使って見て確かめて下さい。

便利グッズを使って、テンション上げて料理を楽しみましょ。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





CATEGORIES & TAGS

カインズホーム,

Author:

当サイトの掲載情報のご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。