働く主婦-充実life-style

30代兼業主婦。子育て・仕事をしながら、充実した生活を目指します。

カインズホーム マンション対策

マンションでも、フック型のシェードフックが使えました。

投稿日:2016年7月16日

窓側が開けたマンションに住む我が家、夏になるとダイレクトに西日が差しこんでくるので、対策をしないとどうにもこうにも西日が辛いです。

いろんな西日対策をして快適なマンションライフを過ごそうと励んでいます。

 

我が家のマンションは、西を向いている窓が2面あるので、1面はカインズホームのスタンドサンシェードを使って西日を防いでいます。

西向きマンションで日当たりを防ぐ西日対策グッズ

 

あと1面の窓には、ホームセンターで買ったサンシェードをオーニング用フックを使って取り付けました。

マンション住まいの方なら、経験があるのかな?

我が家のマンションの窓枠では、ひっかけるタイプのサンシェードは使えないと思っていたのですが、オーニング用フックを使うことで、サンシェードを取り付けることができました。

image000000 (9)

内側はこんな感じ。

image000000 (8)

 

窓枠のサッシ枠が隠れている場合でも、オーニング用フックがあれば取り付け可能です。

オーニングの四つ角の穴に、ひっかけるフックが取り付けられないと使えないと思っていたのですが、サッシ枠が1.5㎜ぐらいあれば取り付けられるオーニング用フックが販売されていたので、それを使えばマンション窓枠でも取り付け可能です。

image000000 (10)
私が買ったのは、山善シェードフック「ぴったり取付」

いろんな形のものが販売されています。

 

 

 

 

 

 

 

メーカーや形のよって値段もバラバラなので、比較して自宅の窓枠に合ったフックを使いたいですね。



カインズのスタンドサンシェードでは強風が気になる

マンションでも、シェード用フックが取り付け可能であるならば、シェード用フックを使った方が安心感はあります。

カインズのスタンドサンシェードは、立てかけているだけなので、強風時に倒れる心配があるからです。

 

マンション窓枠では、シェードフックを取り付けられないと思っていたので、シェード用フックに出会い、少しのサッシ枠でも取り付け可能なのが、ほんとにうれしいです。

今のところ、しっかりとフックとしての役割を果たしてくれています。

 

そういうわけで、2面とも違うサンシェードを使っている我が家ですが、メーカーが違うだけでサンシェードの日よけ具合もぜんぜん違ってきます。

サンシェードはいろんなところで売られていますが、網目の大きさや素材の分厚さなどさまざまなので、個人的には分厚めのサンシェードを選んだ方が、日よけ対策になるとは思います。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





-カインズホーム, マンション対策
-

執筆者:

関連記事

リビングのテーブルがいつも散らかってしまう悩みを解消

一日の大半を過ごすことが多いリビング。 寒い冬や暑い夏などは特に、家族みんなで光熱費の節約を兼ねて、リビングに集まって過ごすことが多い。   我が家はリビングが狭いので、ダイニングテーブルが …

西向きマンションで日当たりを防ぐ西日対策グッズ

我が家は、西向きにリビングやベランダがある西向きマンション。 しかも、西向き部分は大きく開けており、上階なのでさえぎるものは、何もありません。   西向きマンションあるあるだと思うけど、夏場 …

no image

西向きマンションのメリットを書き出してみよう

一般的に、南向きにバルコニーがある部屋が人気がありますが、西向きマンションに住んでみて、西向きマンションも捨てたものじゃないよ!と言いたいです。   西向きマンションを賃貸で借りて、そのあと …

no image

マンションの暖房は消費電力が抑えられる

寒い冬が終われば、もうすぐ春がやってきますが。 まだまだ2月は寒い。   我が家は中古で購入して住宅ローン返済真っ最中の分譲マンションで生活していますが、 年収300万で中古の分譲マンション …

no image

マンションの光回線は月3000円以内に節約出来る

目に見えない通信費には、出来るだけお金を払いたくない。 しかも、通信費は毎月掛かってくるので、出来る限り削減したいと思うのが、主婦たちの願いだと思う。   そんなけちな私が使っていた光回線は …

当サイトの掲載情報のご利用に際して、 何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても 当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。