働く主婦-充実life-style

30代兼業主婦。子育て・仕事をしながら、充実した生活を目指します。

共働きの税金

共働きの子供を妻の扶養で住民税を節税する

投稿日:2016年2月10日

共働き家庭でもそうでなくでも節税はできるだけ検討したい。

 

我が家は共働き家庭で、私は旦那さんの扶養を外れて働いているので、配偶者控除は受けれません。

所得税はもちろん、住民税もかかってきます。

主婦で160万以上の働き方は働き損を避けれる



子供を妻の扶養に入れると住民税が非課税の仕組み

一般的に共働き家庭の場合、収入の多いであろう夫の方で、子供の扶養を入れると思います。

実際、我が家も2人の子供を旦那さんの扶養に入れています。

 

それを、共働きの妻の方の扶養に入れたら、条件により、妻の住民税が非課税になるらしい。

 

だけど、これには収入の上限があり、年収206万以内ならと先日市役所の方に言われました。

今年の9月~の保育料はどうなるのか、市県民税課税額を調べてもらおうと、市役所に出向いたついでに聞いた話です。

 

残念ながら私は上限を超えているのですが、今年の住民税は10万ぐらいかかるらしいのでそれがなくなるように、上限を抑えた方がいいのか?とか少し考えました。

 

住民税(個人の市民税・県民税)は、均等割額と所得割額の合計で決められますが、条件を満たすと非課税になります。

 

前年の総所得金額が各地方自治体の定める金額以下(私の場合は次の計算式)であれば、住民税が非課税になります。収入の上限があります。

35万 ×(1+控除対象配偶者及び扶養親族の数)+32万円 

各地方自治体によって金額に違いがありますのでご確認を。

 

上の式にあてはめると、我が家場合子供2人なので

35万×(1+2)+32万=137万

137万以下なら住民税が非課税になります。

総所得金額から給与所得控除を差し引いた金額が137万以下なら非課税というわけです。

 

税って節税を考えると、考えないでは全然違う。

でもこの節税は、私には使えないようなので諦めます。

パート勤めで該当する主婦の方は、一度子供を自分の扶養に入れることを検討してみることをおすすめします。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





-共働きの税金
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

住宅ローン返済完済めざし、老後資金積立にも挑戦

先日、住宅ローン控除を最大限に利用するべく、当面は繰り上げ返済分のお金を貯めておこうという話を書いた。 早期繰り上げ返済を一括返済方式に変更   年間の目標金額を貯金できれば、5年以内には住 …

no image

配偶者控除を受けれない共働き主婦の嘆き

去年書いた記事、2016年10月からパート主婦でも社会保険加入が必要になりそうな話が現実になり、実行されていますね。 パートタイム労働者の社会保険の適用枠が拡大され、大企業にお勤めの方などはパートでも …

no image

確定拠出年金に飛びつく前に入るべき時期を知る

以前に、保育料が高いからどうにか節税して、保育料を下げれないかと考えていた件で 保育料アップの負担を節税で少しでも安くする方法   生命保険料控除は3種類あり、生命保険料・介護医療保険料・個 …

当サイトの掲載情報のご利用に際して、 何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても 当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。