働く主婦-充実life-style

主婦は毎日忙しい。仕事や子育てでばたばたしているけど、人生を充実させて輝かしい40代を過ごそう。

パート主婦

2016年10月からパート主婦でも社会保険加入必須

2015年11月25日

今までは、パート主婦なら年収130万までに抑えていたら、社会保険加入は必要なかったのに、じわじわとやってきた社会保険加入制度。

パート主婦の方の働き方に、ダイレクトに響いてくるお話。

来年から、一部の主婦の働き方が変わりそうですね。

そんな社会保険加入の改正をまとめてみました。

年収106万以上の大企業パートは社会保険に加入する必要がある

2016年10月より、年収106万以上の収入が見込まれるパートの方は、社会保険加入が必須になるらしい。

これにより働き方を変える必要がある方もいるかも。

現在は、主婦の場合でも、年収130万を超えたら社会保険加入が必須です。もちろん税金も負担しないといけません。

※規定では、正社員の4分の3以上勤務しているパート主婦の方でも、社会保険加入が必要。

私もパート主婦ですが、社会保険に加入しています。

それが、来年10月からは、年収106万円以上(月8万8000円)、週20時間以上勤務している方でも社会保険に加入するようになるらしい。

でも、当面は従業員501名以上の大企業にお勤めの方などに限定されるようですが。

週20時間って、1日5時間×週4日程度働いている方や、1日7時間×週3程度働いている方など

結構いるんじゃないかな~?と思う。

どれぐらい収入が減るかというと、年収105万と106万では、ざっと保険料などで、年15万程度の負担になるようです。

年収106万を超えると健康保険料+厚生年金保険料などで年15万程度の負担が増え、手取りが90万ぐらいになる。

手取りだけ考えると月1万ぐらい変わってきますね。

そこで、該当する主婦は、106万に収めるか?、働き損をさける160万以上働くか?を考えなければならないですね。

パート主婦で社会保険加入の損しない年収ライン

でも、社会保険に加入できる条件が主婦でも入りやすくなるので、国民健康保険の方や、老後の年金のことを考えたりしたら、社会保険の加入はメリットもあると思います。

これを機会に家計のことを考えて、主婦でも働き方をきっちり考えていかなければ、いけませんね。

社会保険加入は決して損することではない

では、106万以上働いている方は、社会保険に加入することになるのですが、実際そんなことなのでしょうか?

厚生労働省のページから抜粋すると、20年間の社会保険加入の場合、

月88,000円の収入で、毎月8,000円の保険料を支払い、月9,700円(目安)の年金額を終身でもらえます。ずっともらえます。

単純に倍なら、月2万程度貰えるということかな。

割合的には、負担額より支給額が多いので、長生きすれば元は取れる計算になります。

今負担して、将来に備えるといったところでしょうか?

そう考えると、決して悪くない制度ですよね。一部、破たんするとかささやかれていますが、年金が破たんしたら国も終わりでしょう。

まとめ:社会保険加入は負担が増えるが年金が増えることを理解しよう

先の負担をとって将来に備えるか、今の負担を抑えるかは自分次第。

小さな子供がいて、「今はまだ仕事に時間を使うより、できるだけ子供といたい」と考えるなら、社会保険に加入しなくて済むように、106万以内に抑えて働いたらいいし、逆に「子供が大きくなって、手が離れてきたからいっぱい働こう」と思ったら、社会保険に加入する働き方を選択したらいいんです。

パート主婦でも賢く、今現在、自分に合った働き方を選択していきましょう。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





CATEGORIES & TAGS

パート主婦,

Author:

当サイトの掲載情報のご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。