働く主婦-充実life-style

主婦は毎日忙しい。仕事や子育てでばたばたしているけど、人生を充実させて輝かしい40代を過ごそう。

中古マンション購入

年収300万頭金なしでマンションを購入

2015年11月11日

旦那さんの転職により、お給料が下がってしまうという諸事情も加わって、

少しの期間、年収300万円の時代があった我が家。

当時は、下の子を出産して間もなかったので、共働きでもありませんでした。

仕事をしていなかった私は、時間だけはあったので、子育てしながら時間を見つけては、家計の見直しを行っていました。

具体的には、どこを削るかということをずっと考えていました。

当時の住居費は、家賃7万5千円(管理費・共益費込み)。

3LDKの中古分譲貸しマンションに住んでいました。当時の我が家には、負担が大きすぎる金額でした。

家計が切迫している時、まず初めに家計の中で一番ウエイトを占めている費用を下げれるか考えるようにしています。

これは、今でもよくやる、役に立つ節約方法。

一番大きな出費を減らすことが出来ると、必然的に効果が出るということですね。

家賃代7万以上ならマンション購入を検討してみても

そこで、家賃代を削減するために、近所のいろいろな物件をネットで調べてみると、同じ条件では、ハイツとかだったら5万円ぐらいであったのですが、マンションタイプでは、同じぐらいの金額か、当時の家賃よりもー1万円の6万5千円ぐらいの家賃のマンションしか見つからなくて。相場はどこも同じ感じ。

ハイツは、小さい子供がいるので防犯的に却下、1万ぐらいの削減だったら、生活にさほど変わりがないだろうなどと考えたりして。

住宅ローンが組めれば、中古マンションを購入することで、当時の家賃より2万以上も下がることが分かり、旦那さんをその気にさせるため、オープンハウスをしている物件を2件見学させて、購入を打診してみました。

正直、仕事復帰しようと考えていた私でも、住宅ローンは借金にかわりないので、軽々しく考えることではないなとは思っていました。

でも、今の家賃を払い続けても、自分の物にはならないし、購入という手段をとったら、今よりも住居費が大幅に下がるので、審査が通れば、購入も検討しようとなりました。

その結果、分譲貸しで借りていたマンションを、オーナーさんに売って貰うことになりました。

分譲貸しマンションからの不動産購入メリット

購入にあたって、決定的な出来事が続いたんです。不動産はご縁ともいうから、このチャンスを逃さないようにしようと。

そして今は、住宅ローンをせっせと返済中。

ですが、中古マンションを買ったので、返済に追われていない生活が出来ています。

ウェイトの高い家賃代を見直すことで、大幅に苦しい生活が改善することもあるので、一度近所の家賃相場も見直し、住宅購入も検討するといいかもしれません。

苦しい生活の時にこそ、頭をひねりだし乗り切りましょー。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





CATEGORIES & TAGS

中古マンション購入,

Author:

当サイトの掲載情報のご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。