働く主婦-充実life-style

主婦は毎日忙しい。仕事や子育てでばたばたしているけど、人生を充実させて輝かしい40代を過ごそう。

住宅ローン

マンションの頭金を入れて金利優遇をうける

2013年12月11日

初めの審査では、住宅ローンの審査には何とか受かったものの、金利の優遇がない状態でした。

不動産屋さんの計らいで「諸経費はローン組まずに、少し頭金を入れたら申し込める銀行が増えますよ。」とのことで、あまりの金利の高さに、諸経費を削り、頭金を入れました。

そして、4社の審査結果で1社の大手銀行さんから納得の金利を頂けました。

初めは、金利優遇がない変動2%台→頭金を入れたら0.875%になりました。

普通のお買いものとは額が違います。住宅ローンの金利の1%は全然違います。

不動産やさん曰く、諸経費ローンと住宅ローンの2重ローンだと、金利優遇は受けにくいらしい。そりゃ、そうだ。

頭金を用意できなかったら、家購入を先延ばしにしたほうがいい

なので、諸経費ローンを出来るだけ削り、節約しました。

諸経費ローンとは、住宅購入時にかかる費用。

中古住宅の場合は、購入価格の6~10%かかると言われている。

我が家は、火災保険の見直しやそのたもろもろ、6%程度に抑えました。

そのお金を頭金としてプラスしたのも金利優遇に一役買ったのかもしれません。

金利に満足しなかったら、妥協しないことが大切。
でも、妥協に対応できるだけの現金を備えておく必要はあります。当たり前ですが。

住宅ローンは長い間お付き合いすることありますので、極力、金利の低いところで借りて利息を節約しましょう。

実際に経験してみて、頭金を入れることでこんなにも金利が下がるんだと思いました。少しびっくり。

我が家は、家購入について計画的に考えていたわけではないのですが、頭金を少し用意できたことはよかったなと思いました。

家を購入する際には、計画的に頭金を用意しておくことに間違いありませんね。



読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ





CATEGORIES & TAGS

住宅ローン,

Author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

当サイトの掲載情報のご利用に際して、何らかのトラブルや損失・損害などが発生しましても当サイトでは、一切の責任を負いかねます。 当ブログはリンクフリーですが、ブログ内の文章・写真を無断で転載することはお断りいたします。 いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。ご了承ください。